ITの技術者とそのスキル

ITの技術者にはいろいろな分類があります。
プロジェクトマネージャーや、システムエンジニア、プログラマーなどがあります。
プロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者です。仕事に対するマネージメントを業務としています。システムエンジニアはシステムを企画する人です。システムを企画して、設計から運用までも行います。システムエンジニアは顧客の要求に応えなければならないので、コミュニケーション能力も必要となります。

技術や知識だけではシステムエンジニアは務まらないのです。プログラマーはプログラミングを行う人です。顧客の要求に応える技術が求められます。コンピューターソフトウェア技術者には専門領域によってさまざまな呼び名があります。システム一つとってもかなりの数の人が携わっています。そのため、専門領域でわかれていないと一人では不可能なものなのです。プロジェクトに携わる人がそれぞれ自分の役割をしっかり果たして完遂していくのです。

どの領域を任されても、責任感が無いとできないお仕事です。システムの開発はとても難しいです。顧客の要求に応えるスキルを持っている人は多くいても、納期やコストを考えるとなかなか難しいものです。ITの技術者は自社内で業務を行う人もいれば、他社に派遣されて業務を行う人もいます。どちらもスキルアップができる職場です。スキルを磨いて上流工程を任されるようになっていくと、収入も増えて、自分の評価にも繋がります。技術を磨いていくとプロジェクトの責任者などやりがいのある立場につけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です