IT業界で働きステップアップしていくために

IT業界で働き始めるのは、専門知識がなくても出来ます。知識や技術が何もないまま新入社員として入り、会社で研修や仕事をしていくうちに身につけていく人はたくさんいるのです。ですので今からIT業界で働きたいと思う人はやる気さえあればとりあえず入社してみるのもひとつだと思います。もちろん、知識や技術があるに越したことはありませんが、それが身についてから入るのでは遅すぎると思います。勉強するのは構いませんが、それが終わるのを待つことはしないほうがいいです。

また、IT専門学校というのもあります。エンジニアやSEなどのシステム系やウェブデザイン系に分かれています。ここで色々学んで、就職や転職に有利とされる資格を取得するのを目指すのもいいかもしれません。資格があればいい、というわけではありませんが会社としてはひとつの目安になることもあります。学校でJavaやPHPなど簡単なプログラムを組むことまで経験していれば、転職の際にも即戦力として考えてもらえるきっかけになることもあるのです。

Javaプログラマーになりたいかたは、Javaプログラマになるにはでまずは基礎からなるまでの心得を調べておくといいでしょう。非常にわかりやすく、Javaのプログラミングや、設計・開発に関してまとまっております。

しかし、国家資格と民間資格がありますが、民間資格のほうはあまり重視されません。国家資格は取得しておいて損はないと思いますが、それだけ持っていて仕事に生かせない、経験がないとなると人材としてはむしろマイナスです。資格取得をするなら、経験プラスアルファとして考えるといいでしょう。特に技術職は資格などより、そこで活かせる経験や仕事をやり抜けるか、新しいことを取り入れる柔軟性があるかということの方が重要です。入社してからいろいろ学び、生かしていくことを考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です