ITの資格の種類

ITと一口に言っても多くの種類があります。ITの資格にも多くの種類があります。
大きく分けて、IT技術者全般、システム設計・管理者、プロジェクト管理者やユーザーサポートがありあます。他にもプログラマー、ネットワーク管理者、データベース管理者、制御系エンジニア、WEBデザイナー、コンサルティングがあります。

大きく分けてもこれだけ多くの種類があり、それに付随する資格も数多くあります。数多くある資格の中には国家資格だけでなく、民間資格にベンダー資格があります。それぞれの資格にスキルレベルが設定されていて、スキルレベルの確認ができるようになっています。国家資格だけではなく、民間資格でも難関な資格があります。持っているだけで資格の証明となりますので、取得できる資格は持っていると良いでしょう。
難関資格を取得しておくと弁理士の試験の一部科目免除などの優遇が受けられます。科目免除が受けられるということは、その資格は持っているだけでかなりの価値を持っているということでもあります。簡単にとれる資格ではないでしょうが、挑戦してみると良いでしょう。また、自分の専門分野だけの資格のこだわらずに、他の分野の資格を挑戦してみるのも良いと思います。自分のスキルの幅を広げることは自分の評価をあげることにも繋がります。自分のスキルを高めておくと、ITエンジニアの35歳定年説にも打ち勝つことができるようになるかもしれません。スキルの幅を広げておくのは大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です